動脈硬化・血栓症外来

基本的にまずはどんな事でも御相談ください。
体で気になっていること、家族の介護のこと、ワチクン、検診、健康診断、就学・就職の診断書など、皆様の健康に関わる最初の相談相手となれるよう努めております。
 
患者さんの現在の動脈硬化の評価を、心臓足首血管指数(CAVI)と頸動脈内中幕厚(IMT)を同時に測定して行います。
さらに、身体の中の血栓の存在を示唆する血中D-ダイマーを測定し、血栓症のリスクも判定します。これら3種の検査を組み合わせて脳梗塞のリスク判定を行います。
さらに必要なら超音波検査、MRI等の画像検査を行います。

こんな症状で

動脈の硬化が進んで動脈に血栓ができて、詰まってしまったりすると症状が出ます。脳の動脈が詰まると脳梗塞となりますので、手足が麻痺したり、言葉がしゃべれなくなったり、ひどい時は意識がなくなったりします。
一過性脳虚血発作では、一過性にしびれたり、言葉がもつれたりしますが、じきに回復します。
心臓の動脈が詰まりそうになると狭心症(胸が痛くなる)、完全に詰まると心筋梗塞(胸痛が激しく長く続く)になります。足の動脈では、足が冷たくなり、歩くのが遅くなったり、足が痛くなったりします。
これ以外にも、診断は難しいですが急激な呼吸困難(肺梗塞)、急激な腹痛・血便(腸間膜動脈血栓症)があります。

こんな病気で

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、狭心症、心筋梗塞、一過性脳虚血発作(TIA),下肢動脈閉塞症・血栓症、肺梗塞、腸間膜動脈血栓症、下肢静脈瘤・静脈血栓症等。

どんな検査をしますか

血液では血漿D―ダイマーを重視しています。超音波検査で頸動脈厚(IMT)を測定します。さらに、大動脈の動脈硬化度(CAVI:血管年齢が算出されます)と下肢動脈の狭窄の程度(ABI)を測定します。さらに、頭や、下肢動脈のMRA(依頼です)、心臓の冠動脈CT(依頼です)を行います。また、超音波検査で腹部大動脈、下肢動・静脈を検査します。

どんな治療をしますか

大切なことは、動脈硬化・血栓症を引き起こす基礎疾患(高血圧症、糖尿病、脂質異常症、心房細動)の治療をしっかり行います。 次に、直接血栓を抑える治療として、抗血小板剤(アスピリン、プレタール、プラビックス等)、抗凝固剤(ワーファリン、エリキュース等)、プロスタグランディン剤(ドルナー等)を投与します。
  血栓症は種類が多彩ですが、急激に発症してくる重症例では迷うことなく、救急車を呼んででください。特に、脳卒中や心筋梗塞では大きな病院で血栓溶解療法(TPA)、血管治療を24時間体制で対応しています。

診療時間 午前 午後
月・火・木・金 AM9:00~PM1:00 PM4:00~PM7:00
AM9:00~PM12:00 PM3:00~PM6:00
AM9:00~PM1:00 PMはありません
休診日 日曜日・祝日

担当医表はこちら

学会情報

予防接種のご予約

人間ドックインターネット予約

EPARK Doctorネット予約

予防接種料金一覧表

こんな症状の人にQamp;A

CLINICS

介護の薬剤ポケット事典

map

〒173-0037
東京都板橋区小茂根4-28-14

03(3956)2090

03(3956)2135

ページのトップへ